元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

キングダムハーツオーケストラ マレーシア公演レポ

2017年5月13日(土)20時よりKuala Lumpur Convention Centre (KLCC)で行われた『KINGDOM HEARTS Orchestra World Tour 2017』に行って参りました。
セトリについては言及していません。


www.square-enix.co.jp


f:id:emirakb:20170514212455j:plain


プレミアムチケットで参戦

ゲームの中で一番好きなシリーズであるため思い入れも深く、日本には存在しない特別なチケットを手に入れたのであります。


f:id:emirakb:20170514203149j:plain
EXCLUSIVE Meet&Greet
チケ代 RM550 + 手数料 RM10.6 = RM560.6 (約15,000円!)


作曲家の下村陽子さんからサインを貰えてツーショット写真まで取ってもらえるプレミアムチケットなのです。
オタクからすればむしろ15,000円は安いくらいです。
とは言え、無職もとい学生の身分ですのでチケット以外の散財は正直キッツイ。
幸いKLCCの近くに住んでいるので交通費は100円もかからずに済みましたが…。

グッズがたっけぇ。

イベントに付き物であるグッズ販売、最初に貼った公式サイトに日本価格が記載されています。
まぁ、海外公演ということを差し引いても2割増しくらいかな?と考えてた私は本当に甘かった。


イベント4時間前、一足先に会場に付いた友人から一枚の画像が送られてきた。
それは物販の価格を載せたチラシだったのだが

f:id:emirakb:20170514211214j:plain
※家に持って帰って来て撮り直しした


CD 3,500円 → RM170(4,500円)
パンフ 2,500円 → RM170(4,500円)
キーブレード 3,700円 → RM230(6,000円)
Tシャツ 3,000円 → RM140(3,700円)


いや値段(Д)

ちなみにオンラインショップのアドレスがありますが当日限定だったのでもう買えません。
CDはスクエニオンラインで注文できるから良いとして、他のものは現場で決めねばなりませんでした。
日本価格を知ってるのですーーーーごく悩みましたがパンフレットだけ買いました(泣)


超大事にします。多分日本で売ってるのと一緒です。日本語と英語両方で書かれてます。
ハードカバーだし、加工ちゃんとしてるし、分厚いし4500円の価値はあるよね(白目)


f:id:emirakb:20170514212205j:plain


ちなみに開演一時間半前の物販エリア。
みんなTシャツ買ってました。全部買ってる強者もゴロゴロいて世界のオタクも変わらんなぁという印象。

EXCLUSIVEチケの場所はもちろん最前列

f:id:emirakb:20170514212735j:plain

会場の図はこんな感じです。
この図の最前ブロックは空きブロックです。
オーケストラなので本当の会場の最前列って駄目なんですよね確か。見えないから。
ということで本当の最前列は二番目のブロックなのですがこのブロックの最前列でした。


f:id:emirakb:20170514213228j:plain


左側なのでちょっと角度が。
下村さんがあいさつに出てきてくださったときも私側だったので良かったといえば良かったのです。

涙無しでは見られないコンサート内容レポ

音楽に合わせて映像が流れるため言わずもがな涙なしには見れません。
私が座ってる場所はExclusiveを手に入れる程のオタクばかりですので余計かもしれませんが一曲目から号泣する人続出
オープニングという意味合いもあるので全シリーズのキャラやらシーンやらを走馬灯のように流すのですがこれが確かに泣ける。
回りのざわつきによってキャラの人気度合いがわかりました。笑


大体どの曲でもみんな結構泣いてたんですけど、涙腺が崩壊したのは358とロクサスでしたね。
この辺りをやってるときはもうみんな声も抑えられないみたいな人が多くてそれに釣られてまた泣けるという。
358は本当に悲しいストーリーなので映像付きであの音楽やられたら誰でも泣くわ。
一応スピンオフ的な扱いではありますが人気の高さがうかがえました。


さてさて、オタクと言いつつ実は現在テレビもゲームも無いので最新作(2.8)を全くやってません。
最新作だしネタバレもそんなにないだろうと思っていたらどっこい。
ネタバレのオンパレード!死
まぁネタバレは言い過ぎかもしれない。
私としてはトレーラーも見たくないくらい情報をシャットダウンしてからゲームに臨んでいるので「待て待て」ってなりました(笑)


そして映像の合間合間でキャラのセリフが挟まれるんですけどこれが日本語音声英語字幕!!
ファイナルミックスから始まり英語音声版でしかゲームをしていない私にとっては違和感の塊!
会場にいたマレーシア人全員同じことを思っていたと思う。だってみんな英語しかやってないもん。
確かに日本がオリジナルなんだけどさ。
一番最初に声だけ出てくる人がいるんだけど「これ誰?」ってなってたら後ろからカイリだよねって会話が聞こえてきた。
大音量でJesse McCartneyの声が聴きたかっただけです。残念。


コンサートの途中で下村陽子さん登場。響き渡る歓声。
一言目はマレーシア語で。歓声が更に大きく(笑)マレーシアは熱いですね!
ちなみにマレーシア語でなんと言ったかはわかりませんw友達に聞けば良かった。
その後は日本語であいさつされてました。


そして最後の一曲に入る前再び登場。
「最後の一曲は私がピアノを弾きます」と言った途端会場パニック!
下村さんも「こんなに歓迎されるとは思っていなかった」とビックリw
最後の曲はエンディングに相応しいあの曲でした。
下村さんの曲ももちろん最高なんだがその世界観にピッタリハマる宇多田ヒカルの曲もすごい。

待ちに待ったグリーティング

公演後、Exclusiveチケットを持った人だけ先に会場を出るように促される。
私はドアの近くに居たので10番目くらいでした。
20分後にサインと写真を受け付けるということでしばらく並んで待つことに。


f:id:emirakb:20170514221726j:plain


8時開演だった為に終了時点で10時半。結構遅い。
そして20分経ったころサイン開始。


一番乗りは友人。KHプロデューサーの橋本氏にもサインを貰っている彼。
その隣にサインくださいって話してた。


順番が近づくにつれて高まる緊張。
隣に並んでいた女の子も一人で来ていて緊張を緩和させるために二人でしばらく喋ってた。
彼女も涙が止まらなくて大変だったらしい。
その子は自分で書いた絵にサインを書いてもらうということでスケブ持参。上手過ぎ。
連絡先を交換しなかったことをちょっと後悔。KH友達ができるチャンスだったのに。


そしてついに私の順番が!
10年以上好きですと突然の告白。これからもよろしくお願いしますってことだけちゃんと言えました。
終始挙動不審だったので明らかに変人。みんな度胸ありすぎじゃない?


f:id:emirakb:20170514222613j:plain


US版1.5特別仕様(本になってる)の表紙にサイン頂きました。
ツーショットもあります//
KL Sentralまで帰ってきたのが25分で寮に帰る11時半のバスがギリギリでした!
ペナンから来た友人はさらに7時間かけて帰るとのことでお疲れでした~。

これまでとこれからと

約15年前に初めて世に出て以降、ファイナルミックスからではありますがファンを続けてきました。
これまでのKHを映像と音楽で振り返り色々と思い出すことがありました。
留まりし思念とか。留まりし思念とか。留まりし思念とか。13人は倒せてもこれだけ倒せねー。
KH3がいつ発売されるのかまだまだ決まってませんが、BbSの三人が救われることだけを祈っています。
素晴らしい曲と共にまた新たな夢を見せてくれることを願って。
昨日はマレーシアのKHファンと過ごした最高の夜でした。
あの場にいたみんなと下村陽子さん、ありがとうございました!

エアアジアの機内販売ボールペンが可愛い

飛行機に乗ると目の前のポケットにDuty-Freeのカタログが置いてありますがみなさん機内で買い物しますか?
化粧品でも地上よりかなり安く購入できるので私は必ずと言っていいほどします。

普通の航空会社では限定グッズが少ないのですがLCCは旅券が安い分物販に力を入れているようで色々な限定グッズがあります。
そしてエアアジアのグッズは可愛い。
マレーシアの航空会社で日本では新千歳、成田、羽田、関空に就航しています。
そんなわけで私は乗る機会が多いのですが、乗る度に色々と買ってしまうので我が家にはエアアジアグッズが色々とあります。
文具好きな方々に是非オススメしたいのがエアアジア限定ボールペン。

窓もついてる!しっぽが可愛い飛行機型

f:id:emirakb:20170405013922j:plain


某スペースペンにそっくりな見た目ですね。
真っ赤なエアアジアのロゴが付いた垂直尾翼と窓があってコロンとした飛行機型が可愛い。
お値段はRM39(約1000円)という良心価格。


f:id:emirakb:20170405013933j:plain


デザイン側がキャップになっています。
一応キャップは本体に挿したまま筆記できるのですが残念ながら外れやすいのでそのまま書いた方が良いです。
もちろん収納時は黒いゴムがあるためしっかりハマり、気が付いたらキャップが外れているということはありません。
元々入っているインクは書き始めがかすれるのですが書き始めるとヌルヌル書けます。

ヨーロッパ系ローラーポイント

本体をクルクルと回すと分解できるのでインクの交換もできるのが◎
肝心の交換インクはヨーロッパ系の金属ボールペンリフィルなら入ります。全長9.8cm。


f:id:emirakb:20170405013938j:plain


無地のリフィルが元々入っていた方ですが、私は一番簡単に手に入るのでペリカンのリフィルにしました。
使い切ったわけではなく落として書けなくなってしまったんです…。お値段RM20.15(約520円)。
マレーシアに用事がある人は日本と全然値段が違うのでペリカンはマレーシアで買うのがオススメ。
Fを購入しましたが本当に細くて手帳向きですね。視認性を求めるならM以上が良いと思います。


確実に手に入れるため事前にネットで予約を

フライトが決まれば出発の48時間前までならこちらのウェブサイトからオンライン購入できます。


BIG Duty Free AirAsia


オンライン上で支払いし機内で受け取りができます。
購入証明のメール画面を印刷して機内に持ち込むのを忘れずにしましょう。
機内で購入すると品切れをしていることもあるので確実に手に入れる為にはウェブサイト経由で購入するのがオススメ。
他のオリジナルグッズも可愛いので色々見るだけでも楽しいですよ(´∀`)

クアラルンプールでオススメの文具店 Cziplee

f:id:emirakb:20170324220109j:plain


クアラルンプールに旅行する文具好きの方のために是非ご紹介したいお店があります。
私が今まで行ったクアラルンプールの文具店の中で最大かつ最高のお店と思っているお店です。

文具好きもクラフト好きも楽しめる巨大文具店 Cziplee

www.cziplee.com


ヨーロッパの万年筆インクが日本より安いと言っていたのはこのお店のことです。
最近改装して再オープンしたばかりなので綺麗でお洒落。
1フロアの売り場面積自体も広いのですがなんと1階から3階まで文具で埋め尽くされています。2階には本の取り扱いも。
メーカーごとに棚があったりするのでそれぞれのメーカーの特色が見えるのも面白いです。


f:id:emirakb:20170324213840j:plain


万年筆&インクコーナーは1階レジ横を奥に入るとあります。
日本メーカーもヨーロッパメーカーも充実。
売場の真ん中のガラスケースには蒔絵万年筆でお馴染みナミキの万年筆が…!
100万円近くするものも並べてあるので見ているだけでも楽しいです。
日本メーカーの万年筆やインクは日本で買うより随分と高くなってしまいますが、ヨーロッパメーカーはマレーシアリンギットが下がっていることもあり日本の7割から8割くらいで購入できるのでオススメですよ。
エルバンのアニバーサリーインクは日本より千円近く安く手に入りました。
ちなみにペリカンやファーバーカステル、モンブランは公式ショップがあるせいか取り扱いはありません。ペリカンやファーバーカステルが欲しい方はここからバス(T817)もしくはタクシーでThe Garden Mallに行きましょう。
※車で5分くらいですが徒歩では行けませんのでご注意を
ここから一番近いモンブランはBangsar Shopping Centreです。Pavilionにもあります。


お店の外観2階にポスターが貼ってありますがmtも充実しています。
マレーシアでもmtは人気のようで文具店では大概取り扱いがあるのですが一番種類を多く販売しているのはやっぱりこのお店ですね。
一般文具で言うと日本の文具メーカーはこちらでは結構弱い気がするのですがここに行けば大抵のものはあります。

行き方

写真で見ての通り路面店でBangsar Villageという地区の一角にあります。
余談ですがこの地区は北欧系の住人が多くお洒落で高いお店が立ち並ぶ場所です。
地区の端っこの方にありますが、大きいお店なのですぐわかると思います。


KL Sentral駅からタクシーで15分くらいでしょうか。
公共交通機関を使用したい場合最寄り駅のLRT Bangsar駅からT850に乗るかMRT Pusat Bander Damansara駅からT817に乗るかの二択です。
T817はBansgar Villageの目の前に停まるので良いのですが、T850は一本離れた通りから歩くことになるので初めての方はGoogle Map等のアプリが必須になるかと思います。

文具好きさんは是非行ってみてください

マレーシアで文房具専用のお店ってそんなに無いんです。
本屋が文具コーナーを併設しているため、文房具が欲しいときマレーシアの人たちは本屋に行きます。
だから結構種類が少ないんですよね。
KL Sentral駅からも近いのでクアラルンプールに遊びに来られる文具好きさんは是非Czipleeに行ってみてください。
見てるだけでも楽しいですよ!