元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

話題のノート LEUCHTTURM 1917 を徹底解剖

f:id:emirakb:20170720161919j:plain

ビジネスパーソンにとって高級ノートと言えばモレスキンではないでしょうか?書店に行けば必ずと言っていいほど並んでいる人気ぶりです。高級感のあるハードカバーでいかにも仕事ができる人が持っていそうな感じですよね。そんなモレスキンユーザもしくは憧れを持っている方々も含め、皆さんに私から是非お勧めしたいのがLEUCHTTURM 1917(ロイヒトトゥルム)というドイツメーカーのノートです。モレスキンと同価格帯でありながら、なぜか世界中のBujoユーザはモレスキンではなくLEUCHTTURMを使用しています。後ほど詳しく説明しますがページ番号が振ってあったりしおりが2本ついていたりと非常にBujoフレンドリーな作りです。そんな中私が特筆したいことが圧倒的な紙質の良さでしょう。油性ボールペンを使用する方であれば気にならない事ですがモレスキンには万年筆厳禁です。一方、ロイヒトトゥルム1917には仕様欄に「Ink Proof Paper(インク耐性紙)」の記載があり 基本的には万年筆も問題なく使用できます 。

ドット、横罫、無地と3種類あり、サイズもミニサイズからA4+まで様々でカラーバリエーションも豊富です。Bujo用だけと言わず、お仕事で使うノートにもLEUCHTTURM1917を是非ともオススメしたいので手持ちの「ドットA5」を使って中身を紹介していききます。

LEUCHTTURM 1917 DOTTED A5 基本スペック

f:id:emirakb:20170720161342j:plain

  • 249ページ 番号付き(235ページ以降はミシン線付で切り離し可)
  • + 目次 3ページ
  • 背表紙裏にポケット
  • しおり2本、ゴムバンド付き
  • フラットオープン
  • ラベル 3枚 付属
  • サイズ:145×210㎜
  • インク耐性紙
  • 中性紙

中身について

持ち主情報記載ページ

f:id:emirakb:20170720161939j:plain
表紙をめくると名前と住所を書くページがあります。万が一落としても戻ってくるかもしれませんね。

目次

f:id:emirakb:20170720162011j:plain
各ページに番号が振ってあるため目次がLEUCHTTURM1917最大の特徴でもあります。ページ数の多いノートで起こりがちな問題というと何をどこに書いたか分からなくなってしまうことです。それを防ぐため目次にページ番号と内容を記載します。これでどこに何を書いたかが一目でわかるようになり、例えば120ページからは議事録専用で180ページからはアイデア帳といったような使い方もできます。

ドットページ

f:id:emirakb:20170720162032j:plain
ドット幅は5㎜です。縦38個・横26個。先述の通り各ページの下部に番号が振られています。厚みは80gsmと厚め、手触りはザラザラ系です。

ポケット

f:id:emirakb:20170720162053j:plain
紙のポケットではありますが側面は布で補強されているため複数回の開閉にも耐えうるように作られています。フラップはついていません。あまり多く物を入れるとノートが閉じれなくなってしまうので入れる物は付箋やステッカーに留めておきましょう。

外見について

表紙は皮の質感

f:id:emirakb:20170720163135j:plain
皮の質感の表紙で、背表紙・表面共に無地です。背面の下部に小さく「LEUCHTTURM1917」と打刻されているだけなので全く主張していません。

2本のしおり

f:id:emirakb:20170720162143j:plain
しおりは2本ついています。1本は無地ですがもう1本はボーダー柄になっていて容易に判別できるようになっているのが私のお気にいりです。

ラベルステッカー

f:id:emirakb:20170720162310j:plain
表紙用3枚、背表紙用3枚。

インクの裏抜けについて

万年筆ユーザにとって無視できないことが「インクの裏抜け問題」です。万年筆が使えるかどうかでノート選びをされる方は多いのではないでしょうか。私もその一人です。冒頭に「基本的には万年筆も問題なく使用できます」と書きました。この「基本的には」というのは、通常であれば気にしなくても問題ありませんがやはりインクによるところがあります。インクフローの良さで定評のあるパイロット色彩雫シリーズは粘度が低いため色を塗るなどインクを1点に集中させるような使い方をすると抜けます。

f:id:emirakb:20170720162212j:plain
パイロット色彩雫 松露 × プラチナ #3776 センチュリー 山中(F)
※文字の部分は抜けていませんが、矢印を塗ったところが抜けてしまいました。
※インク工房のインクは一番抜けやすいです。その次が色彩雫。他は大丈夫そうです。

あとはマイルドライナーですが、ハイライターの書き終わりってインク溜まりみたいになりませんか?そのインク溜まりが少しですが裏に染みていることがあります。柔らかい色なので神経質にならなければ気にするほどでもありませんが、留め部分はインクが溜まらないようにスッと紙から離すようにすると問題はありません。世界中の人がマイルドライナーで書いているのでそんなに気にしなくても良い点だとも思います。

サイズも色も豊富で可愛い

自分の好みにピッタリのノートが必ず見つかる。かゆいところに手が届くというのも良い所ですね。ペンホルダーはついていませんが別売りのステッカータイプがそれぞれの色に合わせてあります。これは細めらしくグランセは大丈夫ですが通常の万年筆は入らないそうなので気を付けてください。

ノートを使い始めて半年が経過しましたが全然ボロボロにならず強度はかなりのものです。保存用にもピッタリ。ノート好きでまだロイヒトトゥルムを使ったことのない方であればオススメですので一度使ってみてくださいね!

ロイヒトトゥルム ペンホルダー  オレンジ 342938

ロイヒトトゥルム ペンホルダー オレンジ 342938

筆ペンでカリグラフィをやってみる

こんにちは、他人から影響を受けやすい私です。さて本日ご紹介する影響を受けて始めてみたものはこちら。


f:id:emirakb:20170716214054j:plain

カリグラフィ

カリグラフィと一言に申しましても使う材料は多岐に渡ります。つけペン、マーカー、筆、ボールペンを装飾しての疑似カリグラフィ等々。そんな中から私のアンテナに引っかかったのが「筆ペン」です。絵画用の筆を使って行うものもありますが日本人にお馴染みで保存も持ち運びもラクチンな筆ペンです。経緯を説明すると最近ハマりにハマっているBullet Journalの動画を見ていたのですがみなさん惚れ惚れするようなタイトルを書いているんですね。私もあんなお洒落なタイトル書いてみたい、といつもの流れです。

筆ペンカリグラフィの基本的なやり方

www.youtube.com


英語音声ではありますがこちらの動画が丁寧に説明されていて非常に勉強になりました。英語音声しかありませんが見ているだけでも充分伝わると思います。


★ 基本ルール ★
下から上に描くときは細く、上から下に描くときは力を入れて太く書く


と簡単な話なのですが、下から上に描く際の細い線が難しいです。私も初心者なので細い線がグラグラしているのがわかると思います。初心者はまずこの基本の線の書き方から練習することを勧められています。そして肝心のアルファベットの練習ですがABCの順に練習していくのではなく、縦線の組み合わせになるI及びTといった簡単なアルファベットから練習していきNやM、Hなど段々と難しくしていきます。AやOといった丸を描く文字は一番難しいので一番最後に回しましょう。


コツはペンを持つ角度です。立てて持つとペンも痛みやすく、文字に強弱が出にくいため綺麗なカリグラフィになりません。なので寝かせて持ったまま力の入れ具合だけに変化を持たせるようにします。角度による違いについてはこちらの動画をご覧ください。


www.youtube.com


カリグラフィにオススメのペン

f:id:emirakb:20170716213409j:plain

(上)YouTubeやInstagramで最も利用者が多いと感じるのは「トンボ AB-T」。世界中の人が使っています。画材とカテゴライズされているらしくクラフトショップに行けば海外でも簡単に手に入ります。公式ウェブサイトにも"アメリカで大人気"と記載が。驚異の全95色。自分の好きな色が一つは必ず見つかるところも人気の理由の一つかもしれません。スポンジタイプのペン先はしなやかで寝かせるとかなり太く書けます。サムネはこれで書きました。練習用には非常にオススメです。 強弱を付けやすく世界中から支持されるだけの理由があると感じる一本になります。
(参考)AB-T | 株式会社 トンボ鉛筆


(下)私の当初の目的はカリグラフィでBujoのタイトルを書きたいといったことでしたが、トンボABTは私にとって太すぎて小さな文字を書くには難しすぎました。私が見ていた動画の中で使われていた細い筆ペンがこちら「PIGMA MB」です。色々調べてみたのですが、サクラクレパスの商品ではあるのですがどうやらこれは日本では販売されていないようです。日本の公式ウェブサイトには情報がありませんがアメリカのサイトにはあります。このシリーズは黒一色ではあるのですがBB、MB、FBと3種類の太さがあり私が購入したMBはトンボABTよりも一回り細いためBujoのタイトル用にはちょうどいい太さです。Bujoのタイトル用にするならこちらの方がお勧めです。FMでもいいかもしれない。
(参考)SAKURA of America 公式ウェブサイト

筆ペンならどれでもできる

商品によってコシや太さは違うものの筆ペンならどれでもできます。日本の家庭には一本は筆ペンがあるのではないでしょうか。是非みなさんも自宅にある筆ペンで要らないコピー用紙の裏にでも書いて挑戦してみてくださいね。Bujoのタイトル書きだけではなく、ちょっとした紙に書いてお洒落な手作りカードを作ることもできますし一度習得してしまえば色々なものに使えます。書体もたくさんあるのでこれも奥が深い世界ですね。

慣れるまではかなり難しいですが8月分のBujoに書けるようにコツコツと練習したいと思います!

限定万年筆 (販売終了)の修理問い合わせをした話

f:id:emirakb:20170712220425j:plain


2015年7月、私が手に入れたのは3776本限定の「プラチナ #3776 センチュリー 山中」でした。二年前の夏の話です。これを少し前に…コンクリートの上に落として割ってしまいました…。まずは症状をご覧いただきましょう。

f:id:emirakb:20170712204947j:plain
先端に大きなヒビが入ったキャップ。気密を維持している肝心な部分には幸いにも無事です。

f:id:emirakb:20170712205004j:plain
胴軸に至ってはお尻が取れてしまうという重症具合。

急いで移動していた最中だったのでペンケースに入れず直にカバンに入れたため、走った衝撃で飛び出してコンクリートの上に叩きつけられてしまったのです。ペンケースは大事です。反省しました。不幸中の幸いというべきかキャップをした状態だったためペン先は全く問題ありませんし、使用には何の不便もございません。ただ大きな傷がついてしまったボディを見るたびに申し訳なく感じるので助言も受けたことだし修理問い合わせをしてみることにしました。

今すぐ修理に出せない

私が購入したのは「NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店」です。パイロットのように取り扱い店が多く、広く認知されているメーカーであればいいのですがプラチナをマレーシアで見かけることはほとんどありません。こちらで修理をお願いしたところで日本に送ることになるのでしょう。そんなわけで帰国時に自分でお店に持っていく方法が一番確実だと思っています。

ただ、私は日本に一度も帰っておらずこの先も卒業してビザの切り替えを行う時が来るまで帰るつもりもありません。あと一年は修理に出せないのです。つまり山中が最初に販売されてから3年が経つことになります。こんな限定品の万年筆を一年も先に修理してもらえるのかと不安は増すばかりです。

購入店にメールしてみた

メーカーに直接連絡しようか悩んだのですが、まずは販売店の方が良いかと思いNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店に連絡を入れてみました。すると翌日には返事が返って来ていました。

プラチナ担当者に問い合わせた所
「修理受付がご予定が1年後修理となるので、100%パーツご用意できるかはお約束はできませんが
おそらく大丈夫ではないは?」との事でした。(一部抜粋)


わざわざメーカーに問い合わせてくだった上でお返事をくださったということで、こういう事が起きると万年筆はナガサワ文具センターのように評価の高い良いお店で購入して良かったと改めて思いますね。

キャップにヒビが入っていたら乾燥してしまうのでインクを抜いておいてください、とも助言を受けましたが機能的に問題の無い部分であるため継続して使用しています。私にとって一番書きやすいのは山中なんですもの。お尻が無くなってしまう危険があるので持ち歩くことはせず、自宅専用万年筆になってしまいましたけどね。

工業機械だったら販売終了から10年はメンテナンス部品を確保しないといけないとか色々決まりがありますが、こういう消費者向けの商品は文面を見る限り特に決まりは無さそうですね。日本に帰ったらすぐに修理に出したいと思います。

万年筆は値段じゃなくてお店で選ぶべきと改めて感じた話

ネットを見たら定価の何割も安く万年筆が販売されていることはもちろん知っているし、定価で買って損してるなぁーって思われているかもしれません。個体差の激しい万年筆だからこそ、本当に信頼できるお店で買わないと後々値段以上に損をしたりすることもある。過去に二度も痛い目を見ている私だからこそ改めて言いたい。お店は大事。ちょっとしたメールにすごく丁寧に返信してくれる、こういう小さな気配りが凄く嬉しい。メールの内容を全部載せたいくらい感動する内容でした。

自身でオリジナルインク「KobeInk物語」やオリジナル万年筆を販売されていたりと、万年筆を好きな方であれば知らない人は恐らくいないプロフェッショナル・ナガサワ文具センターの公式ショップのリンクを貼っておきます。


www.nagasawa-shop.jp


インクやガラスペン好きは神戸煉瓦倉庫店、万年筆好きはPen Style Denがお勧めですが個人的に一番好きなのは梅田茶屋町店です。ネットだけじゃなくてお近くの方は是非お店にも行ってみてくださいね。以上、改めてナガサワ文具センターへの忠誠を誓うこととなった件でした。