元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

ジブン手帳 Biz を手に入れた!

f:id:emirakb:20171004220145j:plain

2018年は会社員に戻るため当時使用していたバーチカルタイプを買おうと思い、色々と考えた結果はじめての「ジブン手帳Biz」にしました!

www.kokuyo-st.co.jp

心配していたけど安っぽさが無いカバー

f:id:emirakb:20171004220227j:plain
Bizはカバーの種類が艶黒ブラック、マットブラック・ネイビー・レッドと4種類あります。艶黒ブラックはエナメルのようで手帳としては少しチープな感じがしてしまいますが、マットは想像していたよりは手に取ってみるとレザー柄で手触りもよく良い感じです。


f:id:emirakb:20171004220357j:plain
内側が普通のビニールで、カバーの端もいかにもビニールですと主張しているような押し型なので別売りの手帳カバーとは正直比較はできませんがビジネスでこのまま使用しても十分ですね。ウェブサイトではピンクに近い赤に見えたためネイビーにしようと思っていたのですが、実物をみるととても落ち着いたワインレッドのような色で一目惚れしたのでマットレッドにしました。

いつでも見返すことのできる書き方の見本

f:id:emirakb:20171004220421j:plain
書き方の見本やコツというのは手帳を買うと別紙でよくついていますが、ジブン手帳の場合は最初の4ページが使い方の見本になっています。この通りに使う必要はもちろん無いのですがどのように書くか他の人のやり方を見るとヒントになることがよくあり、別紙ではなく組み込まれていると無くす心配もなくとても嬉しい機能です。

手帳専用ペンにJuice up 03も同時購入

f:id:emirakb:20171004220453j:plain
ジブン手帳の方眼は3.5㎜とかなり小さめのため万年筆のFでもかなり厳しいため細いペンを購入することにしました。書きやすい細いペンが欲しいなぁと覗きにいったところ出会ったのがJuice up 03です。シンプルですっきりとお洒落。握る部分が滑り止めになっているのと、程よく太さがあるため手にピッタリフィットします。書き味滑らかな水性顔料インクです。

新しい手帳と新しい一年を

2018年は私にとってまた新しい生活が始まる年です。ジブン手帳Bizには一年の目標を8項目に分けて書く欄があるので、それぞれで目標を達成できるように頑張ります!マンスリー・ウィークリー共に12月スタートなのでちゃんと始められるように計画の欄を今月中にしっかり練ろうと思います。



【Bujo】9月マンスリーとちょこっとウィークリー

気まぐれで晒しているBullet Journalのマンスリー9月分です。もうステッカーでデコレーションしたりカラーペンを使ったりということは一切やめてモノクロにしています。色々とやってみましたがやっぱりシンプルなのが一番見やすくて、簡単で早いんですよね。

マンスリー

f:id:emirakb:20170831215610j:plain
まだヨレヨレしてますがカリグラフィが少しだけ上達しました。左側のページは基本に忠実にしていつものようにカレンダーステッカーを貼るのはやめました。マスが小さいので予定が書きにくいんです。スッカスカなのは日程が決まっていない予定ばかりだからなので決して暇というわけでは…。

右側はいつもの通り習慣トラッカーです。これも結構空欄がありますね。項目を増やすか細分化するか、もしくは体重記入欄にするか改善しないとちょっともったいない気がします。

マンスリー続きとウィークリー1日目

f:id:emirakb:20170831215618j:plain
本来マンスリーの右ページにあるはずの日程が決まっていない予定記入欄ですが次のページに作りました。そんなに書くことも多分無いので上半分だけを予定記入欄にして下半分を目標を書く欄にしました。これもそんなに書くことないんですけどね…。

そして右ページからはウィークリーです。毎日足していくスタイルに再び戻したので1日分しかまだ書いてません。筆ペンが使いたいだけです。スタンプもやめました。以前のスタイルに戻したのにはやっぱり空白恐怖症じゃないですが、何も書いてない日が出来てしまうと気分が沈むので私にはこちらの方が向いていると気づいたからです。全然フォーマットが定まりませんが気分によってどんな風にでも買えられるのがBujoの良い所でもありますね。

シンプルだからこそ重要なペン選び

今月のBujo制作に使ったペンはたった3本。カリグラフィ用筆ペン、装飾用ゲルインク白、文字用水性ペン。万年筆は黒インクを持っていないので使っていません。文字用水性ペンは本当はサクラクレパスのピグマ02(顔料インクペン)を使いたかったんですけどなぜか行方不明なんですよね…。水性ペンは黒が綺麗に出ないので個人的にイマイチです。パッケージは違うけど日本で買ったら安いので見つけたら新しいピグマ買います。ペン1本でやる気が変わるのでそこはこだわりたいところですよね。

2018年手帳は初・ジブン手帳を追加しようかと思う

9月半ばに急遽日本に帰ることになりました。9月と言えば2018年1月スタートの手帳が一斉に販売開始される月でもあります。そういうわけで2018年の手帳について改めて考えてみました。

2017年手帳+αについて

今主に使用している手帳やらノートやらがこちらになります。

  • Bullet Journal (スケジュール管理、習慣トラッカー、リスト等々)
  • ほぼ日手帳カズン (アイデア帳)
  • ノート (アイデア帳・保存用)
  • コピー用紙 (アイデア帳・殴り書きバージョン)

ノートやコピー用紙と用途が被っていて「ほぼ日要らないやん…」という状態です。実際使う頻度が非常に下がっており白紙のページもかなり多いです。スケジュール管理も全てBujo一冊で完結するのでただのノート状態。お値段も高いし三年間ほぼ日を使ってきましたが今年で卒業することにしました。

そして2018年はまた仕事を始める年であります。Bujo一冊ではどうしてもカバーできない部分がでてきます。Bujoの弱いところは時間軸に詳しく書き込むといったバーチカルページを作ることが難しく、会社員時代活用していたこのページを持つ手帳を新しく探さないといけません。

バーチカルならジブン手帳

そこで候補に挙がったのがジブン手帳Biz!

www.kokuyo-st.co.jp

私が今までジブン手帳に手を出さなかった理由が「分冊は面倒・1日1ページ欲しい・A5が良い」といった理由からでした。またポップな中身もあまり好きになれませんで。そこでビジネス向けであるBizを見たところ、とても落ち着いた色でDIARY1冊のみの販売です。サイズはA5スリムと私が好んで使っているサイズより細身ではありますが、目的がバーチカルだけなので問題ありません。ガントチャートがついているのもジブン手帳の特徴で非常にビジネス向けの手帳ですね。

タスク管理はBujo・時間管理はジブン手帳

それぞれの手帳が強み弱みを持っていますが、数を増やすとどれも管理できなくなってしまいます。私は2冊が限界なのですが、2018年は初めてBujoとジブン手帳という組み合わせでいきたいと思います。