元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

限定万年筆 (販売終了)の修理問い合わせをした話

f:id:emirakb:20170712220425j:plain


2015年7月、私が手に入れたのは3776本限定の「プラチナ #3776 センチュリー 山中」でした。二年前の夏の話です。これを少し前に…コンクリートの上に落として割ってしまいました…。まずは症状をご覧いただきましょう。

f:id:emirakb:20170712204947j:plain
先端に大きなヒビが入ったキャップ。気密を維持している肝心な部分には幸いにも無事です。

f:id:emirakb:20170712205004j:plain
胴軸に至ってはお尻が取れてしまうという重症具合。

急いで移動していた最中だったのでペンケースに入れず直にカバンに入れたため、走った衝撃で飛び出してコンクリートの上に叩きつけられてしまったのです。ペンケースは大事です。反省しました。不幸中の幸いというべきかキャップをした状態だったためペン先は全く問題ありませんし、使用には何の不便もございません。ただ大きな傷がついてしまったボディを見るたびに申し訳なく感じるので助言も受けたことだし修理問い合わせをしてみることにしました。

今すぐ修理に出せない

私が購入したのは「NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店」です。パイロットのように取り扱い店が多く、広く認知されているメーカーであればいいのですがプラチナをマレーシアで見かけることはほとんどありません。こちらで修理をお願いしたところで日本に送ることになるのでしょう。そんなわけで帰国時に自分でお店に持っていく方法が一番確実だと思っています。

ただ、私は日本に一度も帰っておらずこの先も卒業してビザの切り替えを行う時が来るまで帰るつもりもありません。あと一年は修理に出せないのです。つまり山中が最初に販売されてから3年が経つことになります。こんな限定品の万年筆を一年も先に修理してもらえるのかと不安は増すばかりです。

購入店にメールしてみた

メーカーに直接連絡しようか悩んだのですが、まずは販売店の方が良いかと思いNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店に連絡を入れてみました。すると翌日には返事が返って来ていました。

プラチナ担当者に問い合わせた所
「修理受付がご予定が1年後修理となるので、100%パーツご用意できるかはお約束はできませんが
おそらく大丈夫ではないは?」との事でした。(一部抜粋)


わざわざメーカーに問い合わせてくだった上でお返事をくださったということで、こういう事が起きると万年筆はナガサワ文具センターのように評価の高い良いお店で購入して良かったと改めて思いますね。

キャップにヒビが入っていたら乾燥してしまうのでインクを抜いておいてください、とも助言を受けましたが機能的に問題の無い部分であるため継続して使用しています。私にとって一番書きやすいのは山中なんですもの。お尻が無くなってしまう危険があるので持ち歩くことはせず、自宅専用万年筆になってしまいましたけどね。

工業機械だったら販売終了から10年はメンテナンス部品を確保しないといけないとか色々決まりがありますが、こういう消費者向けの商品は文面を見る限り特に決まりは無さそうですね。日本に帰ったらすぐに修理に出したいと思います。

万年筆は値段じゃなくてお店で選ぶべきと改めて感じた話

ネットを見たら定価の何割も安く万年筆が販売されていることはもちろん知っているし、定価で買って損してるなぁーって思われているかもしれません。個体差の激しい万年筆だからこそ、本当に信頼できるお店で買わないと後々値段以上に損をしたりすることもある。過去に二度も痛い目を見ている私だからこそ改めて言いたい。お店は大事。ちょっとしたメールにすごく丁寧に返信してくれる、こういう小さな気配りが凄く嬉しい。メールの内容を全部載せたいくらい感動する内容でした。

自身でオリジナルインク「KobeInk物語」やオリジナル万年筆を販売されていたりと、万年筆を好きな方であれば知らない人は恐らくいないプロフェッショナル・ナガサワ文具センターの公式ショップのリンクを貼っておきます。


www.nagasawa-shop.jp


インクやガラスペン好きは神戸煉瓦倉庫店、万年筆好きはPen Style Denがお勧めですが個人的に一番好きなのは梅田茶屋町店です。ネットだけじゃなくてお近くの方は是非お店にも行ってみてくださいね。以上、改めてナガサワ文具センターへの忠誠を誓うこととなった件でした。

Bullet Journalが誤解されている5つの事

f:id:emirakb:20170711003750j:plain


Twitterを徘徊しているとバレットジャーナル(Bujo)のことを難しく誤解されている方がとても多くいるように感じます。一つ一つそんなこと無いよ!と言って回りたい気分です。

Bujoと聞いて「自作手帳」というワードだけイメージしてしまうと凄く面倒くさそうですよね。「商業手帳でさえ続かないズボラな自分が自作手帳なんてできるわけない」という発言をよく耳にします。私がここで何度も言っていることですが、Bujoはノートとペンだけあれば今すぐ始められます。可愛い字を書く能力も、綺麗な絵を書く能力も、可愛くデコレーションする能力も一切要りません。コンセプトはとてもシンプルなタスク管理法なのです。手帳という分類のされかたではありますが難しくも怖くもないということが分かってもらえたら嬉しいです。

そういうわけで「考えすぎっ!」と私がつっこみたくなった発言に対して反論していきたいと思います。

1.自己管理がきちんとできる人だけができる

Bullet Journalは自己管理ができる人になるためにします。自己管理ができないという自覚のある方であれば尚更オススメしたい。

何を隠そうBujoの開発者Ryder Carroll氏は幼い頃に注意欠陥障害(ADHD)を指摘され、集中力を高めるためのノートの取り方を自身で模索した末に完成されたのがBullet Journalのコンセプトなのです。(ソース:IT達人が生み出した手書きの整理術 - WSJ)つまり、Bujoは集中力が続かなかったり忘れっぽかったりする行動を改善する方法であると言っても過言でははありません。

自己管理能力に自信がないからできないというのは全く逆の話で、自己管理能力をつけるために行うのがBujoのコンセプトであります。

2.可愛く書けないからできない

Bujoで検索をすると商業用手帳を遥かに超えるお洒落で洗練されたデザインのページを見ることとなるでしょう。それで心が折れるんですよね、わかります。しかしネット上で目にするお洒落なノートは個人がやり方を改変した進化版であり本来のBujoとは違います。この記事の最後にCarroll氏がYouTubeにあげているやり方を説明した動画を貼っておきますので一度ご覧になってみてください。よく見かける可愛くデコレーションされたノートとは全く違うシンプルな方法に驚くことと思います。

Bujoを作成するのに必要な能力は文字が書けること。たったそれだけです。可愛くしたいならいくらでもできますが毎日To-Doリストを作るような感覚に似ています。付箋やメモ帳に書くのと何が違うかというとノートに書くことで前日までのタスクがすっと残っていくという所でしょうか。付箋なら粘着力が弱って無くなってしまうかもしれないし、メモ帳ではやり残したタスクを管理するのには少し向いていないかもしれません。数日後残ってしまったタスクを見つめて、まだ本当に必要なことなのか考えることも大事な作業の一つです。この作業に見た目の可愛さは必要ありません。

3.面倒で毎日続けられる自信が無い

毎日しなくて大丈夫。日にちを飛ばしても空白にならないノートの作り方で罪悪感は減ります。恐らくこの発言は先述の「可愛くデコレーションするのが面倒」ということにもつながってくるのではないでしょうか。何度も言いますがデコレーションは不要です。ここで本来のやり方とは少しずれてはいますが私の先月までのレイアウトをお見せしましょう。

f:id:emirakb:20170702221815j:plain

この週はたまたま毎日書いてますが、私も毎日欠かさず書いているわけではありません。他のページでは日付が飛んでいます。当時やっていたやり方は前日もしくはその日の朝に、日付と時計のスタンプを押して黒いペンで線を一本引く。たったこれだけです。1分もかかりません。別に時計スタンプなんて不要だし、日付だって手で書けば5秒もあったらできます。簡単ですよね。

商業用手帳であればその日を飛ばせば空白になってしまってもったいないと思ったり、なんで続けられないんだろうと罪悪感を抱えるたりすることもあるかもしれません。今日は一日中ゴロゴロするからタスクなんて無いよ!って日には飛ばしてしまいましょう。もし意気込んで新しいノートを買って続けられなかったとしても、普通のノートですから残りはメモ帳でもなんでも使ってください。普通の手帳よりはむしろハードルは低いくらいです。気張らずにやりましょう。

4.ノートが高い

Bujoユーザの中で最も人気が高いLEUCHTTURM 1917を筆頭に、Moleskineなどみんな3,000円くらいのノートを使用しています。私もLEUCHTTURM 1917ユーザです。「続くかどうかもわからないのにノートに3,000円も出せない」そんな気持ちは私もわかります。しかしノートは本当はなんでも良いのです。ドット方眼ノートが"推奨"されていますが必要というわけではありません。よくある横罫のノートでいいんです。ご自宅に途中までしか使っていないノートが一冊でも残っていたりしませんか。そういう普通のノートから始めてみてください。段々慣れてきて高いノートも良いなぁと思うようになってから購入すればいいだけです。実際私は慣れるまで無印のノートを使用していました。A5のドット方眼リングノート500円(無印良品ネットストア)です。

特別なノートなんて不要です。お手元にあるノートで充分です。

5.自作手帳が自分に合うか分からない

手帳のことを考えておられる時点で今すでにどちらかの商業手帳を使っておられることでしょう。そのプロによって考え抜かれた完成品を目の前にして自分が同等のクオリティのものを作り上げられるか不安になる気持ちはわかります。しかし誰が一人一冊しか手帳が持てないと決めたのでしょうか。手帳を複数使いする方法もありますが、もっと簡単な方法から始めてみましょう。

繰り返しているようにBujoには決まったノートはありませんし、文字さえかければ今すぐにでも始められます。ということは今お使いの手帳をBujo化してみるというのはいかがでしょうか。それなら日付を書く手間も要りません。タスク管理を新しい方法で今ある手帳で始めてみる。今の手帳を捨てる必要もないし、やり方が合わなければ自分の従来のやり方で手帳をつけていけばいいだけのお話です。「既にある手帳をもっと効率よく使ってみる」こう考えてみたらBujoとは何も特別なものではないと理解して頂けるのではないでしょうか。

手帳に一長一短があるのは事実です。私もほぼ日手帳とBujoの二冊を並行して使っています。ほぼ日は日記帳に近い使い方をしていますが、使用頻度は格段にBujoの方が高いです。自分に合う手帳がそれぞれ違うようにBujoが合うかどうかも人によって違います。だからこそ今ある材料から始めましょう。意気込むような難しい方法ではありません。もっと簡単に考えてみてください。

特別なノートもスキルも不要!シンプルが一番。

どうですか?簡単でしょう?私ができるんだからみなさんもできます。新しいノートもペンも要りませんよ。興味がわいた方は今ご自身で使っている普通のノートや手帳で始めてみてください。Bujoは自作手帳という概念ではなく、効率よくタスク管理をする方法という視点から見るとなんとも簡単そうではありませんか。最後に公式から出ている基本の動画を貼っておきますのでまずは見てください。どれだけシンプルで簡単かが一目でわかると思いますs。
※日本語字幕をONにしてごらんください。

www.youtube.com

以前Bujoのやり方をまとめた記事を書いたので良ければこちらもどうぞ。

emirakb.hatenablog.jp

集中力を高めて効率アップ!ポモドーロって知ってる?

f:id:emirakb:20170705155147j:plain


Pomodoro Techniqueって聞いたことありますか?ポモドーロ・テクニックです。英語の発音的にもポモドロで良いんじゃ?と思いますがカタカナ表記はどうやらポモドーロらしいです。Pomodoroとはイタリア語でトマトのことなのでイタリア語の発音を踏襲したものと思われます。

「今日は3時間勉強した」なんて言いますが、本当にその3時間みっちり集中して100%の効率で勉強したのか?と聞かれたら素直にハイと答えられるでしょうか。その3時間の間には入ってきたラインに返信した数分や、ちょっと休憩なんてぼーっとしていた5分が含まれていませんか。勉強以外にも「気が付いたらこんな時間!今日は何もしていない!」なんて日があったりするのではないでしょうか。

ポモドーロは25分を1区切りでタスクを消化していく方法です。ただし、その25分の間にはやると決めたタスク以外は一切やってはいけません。タスクのみに集中して一気に片づけます。なんでトマト?と思いますが公式ウェブサイトを見ているとトマト型のよくあるキッチンタイマーから来ているみたいです。

数年前からある有名な方法らしいのですが恥ずかしながら私は知らず、効率を上げる方法を紹介している動画で初めて知りました。いつもならダラダラとギリギリまでやっている課題ですが、先月はこの方法を取り入れたところ驚くほど短期で終えることができたので是非皆さんにも紹介したいと思います。

cirillocompany.de

※以下のルールはこちらの公式ページを基に書かれています。

ポモドロの基本ルール

  • 25分を1ポモドーロとする
  • ポモドーロ中はその時間にやると決めたことだけに集中する
  • 1ポモドーロが終了すると5分休憩を挟む
  • 4ポモドーロが終わると20分の長い休憩を取る
  • 慣れてきたらタスクに取り組む前にそれが何ポモドーロ分か見積もってそれ以内に終わることを目標とする。
  • 25分のうち最初の数分はひとつ前のポモドーロでやった復習、最後の数分は今回の分の復習に充てると更なる効率アップに!
  • 休憩時間はタスクに一切関係の無いことに当てる

こんなときどうするの

ラインが入ってきた!電話がかかってきた!

ポモドーロ中は一切他の事をしてはいけません。なのでライン、電話は無視してください。会社でのお仕事であれば手が離せないので折り返すとお願いした方が良いですが、そうもいかないので電話に出た時は用件だけ聞いて手短に終わらせましょう。

急にやらなきゃいけないことを思い出した!

思い出したことはとりあえず紙に書き出しておきましょう。基本的にポモドーロ中はやると決めたこと以外はできません。待たせても最長25分。大きな誤差ではないので、紙に書いた後は焦らず元の事に集中しましょう。

25分の間が集中できない

やってみるとわかると思いますが「25分間だけやるぞ!」というと驚くほど集中できます。1時間区切りならなんとなく長く感じて途中の中だるみも出てきますが、30分でもなく25分。このくらいの短い時間なら頑張れる気がしませんか?とはいえ、本当にやる気が起きないときや25分も集中できないくらい体調の悪いときなんかは、無理をせず取り組むのはやめましょう。集中していないのに時間の経過だけを待つのはもはやポモドーロテクニックではありません。心と体の準備を整えてから取り組むようにしましょう!

勉強にも仕事にも趣味にも!時間の長さではなくどれだけ効率的にできたか。

25分間だけ集中力を高めて一気にタスクを片づけるとどんなことがあるか?例えば、今までいろんな誘惑に惑わされながらのんびりと片づけていたことを一極集中化で一気に片づけることにより、早く終われたことへの心の余裕と結果的に他の趣味や遊びに充てられる時間が増えることが大きな利点として考えられます。

仕事でも勉強でも何時間やったかに焦点を当てがちの世の中だと思いますが、どれだけ効率的にやるべきことを終わらせることができたかの方が実は何倍も大事だったりします。時間をかけたからといってクオリティの高いものができるわけじゃないとよく聞きますよね。だったら短い時間で集中して早くクオリティの高いものを仕上げる習慣をつけてしまいましょう!

私のように放っておいたらいつまでもダラダラしてしまうという人であればあるほど騙されたと思ってやってみてください。効率的にできたと一回目から実感することができると思います。できたことへの喜びが次のモチベーションにもつながるので是非頑張ってください。

ポモドーロに使えるオススメアプリ

f:id:emirakb:20170705021351p:plain:w370


240円と有料ではありますが買って良かったと心から思ったポモドーロに使えるアプリ「Forest」を一つ紹介したいと思います。集中ためのに何が一番の大敵かというと、多い答えはスマホではないでしょうか。Line、Twitter、Facebook、Instagram…挙げ始めたらキリがないですよね。そんなスマホを使えない状態にしてしまおう!というのがこのアプリの目的です。タイマーは5分刻みで設定できますが、これを25分に設定して木を植える。25分間スマホを触らなければ健康な木が一本生えてコインが貰えますが、他のアプリに移動してしまうとこの木が枯れてしまいます。木が枯れないようにタイマーをセットしたあとはスマホが触れずタスクに集中することができます。


f:id:emirakb:20170705020938p:plain
こんな感じで木が増えていきます。20分以下のタイマーは低木に。


f:id:emirakb:20170705020953p:plain:w370
貰ったコインで新しい木をアンロック!


有料なので使いこなさないともったいないという気持ちも働き、色んな意味でポモドーロの手助けをしてくれるアプリになりました!よければこちらもチェックしてみてくださいね。日本語にも対応しています◎


play.google.com

Forest: スマホ中毒の解決法

Forest: スマホ中毒の解決法

  • ShaoKan Pi
  • 仕事効率化
  • ¥240


やらなきゃいけないこと、大変なことは効率を最大限に高めてさっさと終わらせて自分の好きなことをする時間をたくさん作り出しましょう!