元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

【勉強ノート】 IELTS基礎力養成講座 No.1

手っ取り早くスコアを取るため、多少の出資は経費の内でございます。
オンラインでIELTSの基礎力養成講座を受講することにしました。

「一度も受験したことがないんですけど、1年くらいを目標にIELTSでOverall7を取れますかね。」なんて舐めてるとしか思えないような発言をしたにも関わらず、「初めてなら基礎から始めましょう。今のレベルなら真面目にやれば3ヶ月くらいで行けるかもしれません。」と真顔で先生が返してきたので「あぁ私この先生について行く…」って思いました。

そんなこんなで、無事にスタートを切ることができたので、授業で学んだことを忘れないようにノートを残していくことにします。

私のスペック

  • TOEIC L:480 R:360 Total:840
  • リスニングと発音は問題なし。その他の能力が低すぎるという致命傷。
  • 学校や教室でしっかり学んだ英語ではないため、基本的な事が出来なかったりする。
  • TPOも含め、正しい英語を使えるようにすることが目標。

【1】今日の文法:現在形・現在進行形・状態動詞の違い

(i) 現在形(Present Verb)

  • 繰り返し行うことや習慣としていることについて話す場合

I take English lessons twice a week.
I get up at 6 am every morning.

  • 変わらないことについて話す場合

My parents run a business.

  • 事実や一般的に受け入れられていることについて話す場合

Japanese office workers generally work for a long time.
Water boils if you heat it to 100℃.

  • 指示をする場合

You turn right at the next corner.

  • 本や映画の内容について話す場合

The girl sings a song called "Let it go" in the film.
※日本語だと過去形で表現している気がします。

(ii) 現在進行形(Present Continuous)

  • 一時的なことについて話す場合

I'm studying really hard for the IELTS this month.(終わったらやらない)

  • 今現在、起こっていることについて話す場合

I'm writing a letter now.

  • 移り変わる状況について話す場合

The number of employee is growing.

  • alwaysなどと一緒に使って不満を表す場合

She is always visiting wonderful places!

(iii) 状態動詞(State Verb)※進行形にできない

  • 考えについて表す動詞

think, assume, remember, understand, know...

  • 気持ちについて表す動詞

enjoy, like, hate, love, mind...

  • 知覚に関する動詞

see, taste, smell, feel, hear

  • 所有に関する動詞

belong, have, own

  • 描写に関する動詞

look like, mean, appear, contain...

【2】 指摘事項

(i) 話すときは5W1Hを意識して話す

What, When, Where, Why, How
理由を述べる時は1つではなく、3つくらい言えるようにすること。

(ii) ライティングでは句動詞(Phrasal Verb)と省略形を使わない

句動詞:give up, take out, hand in等
いわゆる話し言葉のようになるため、フォーマルなライティングでは使用しない。
I'veやI'mもきちんと分けて、I haveやI amと書く。
ただし、e-mail等友人に宛てて書くように、という問題では使用できる。

(iii) スピーキングとライティングでは、中学生で習う簡単な単語は避ける

I want to → I would like to

(iv) できるだけSVCは避けてSVOの構造で話すようにすること

Her eys are beautiful. → She has beautiful eyes.
Something is good.という構造は簡単すぎる。

(v) “例えば”という意味で使うlikeは使わない!

代わりにsuch asを使うこと。
likeはかなりカジュアルな使い方。

(vi) 2分間で話をするということを意識する

「IELTSのスピーキング問題は2分間話をしてください」というもの
このため、5W1Hを2分間で言い終わるように常に意識して練習する必要がある。

【3】 感想

現在形や現在進行形なんて、本当中学生レベルの文法からスタートをすることになりました。が、侮る事なかれ!意外にも使い方をちゃんと知らないものですね。
授業の中では基本的にどんどん話すように言われますが、選ぶ単語や文法が簡単すぎたり、間違えていると容赦なく訂正が入ります。先生、スパルタです…。その分本気度というか熱意がスゴイ!
私は友達と酔っ払いながらワチャワチャ喋ってるレベルなので、知的な英語に程遠い感じ。うーん、語彙力を本当になんとかせねばー。IELTS用ボキャブラリーの本を手に入れてそのままにしてるわ…。やらないとだめだなぁ。