元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

【勉強法】 効果的なシャドーイング方法

シャドーイングといえば聞こえてくる音声に少し遅れて付いていき、発音やイントネーションを真似することでそれらの改善を図るという勉強法です。
やってみるとわかるけど、これが意外に難しい。
ついていけない箇所についてはモゴモゴ言ってしまうし、ただ話している言葉を真似るだけで効果があるかといえば正直微妙という感想だ。


効果的なやり方が無いか模索していたところ、TOEICのホームページで谷口恵子さんが7ステップで行うシャドーイング方法を提唱していたので紹介したい。


TOEIC|PR|英語学習コーチ タニケイの ひろがる・つながるワクワク英語学習


かなり詳しく方法を述べているだけではなく、目的にまで言及してあるのでどの点に気を付けながら各ステップを踏んでいくかが明確なので、かなり取り組みやすいのではないだろうか。


なによりも私が驚いた点は、一つの課題を一週間でじっくりと完璧にシャドーイングできるようにしていくという内容。
私は結構シャドーイングが好きでよくやってはいるけど、これまで一週間もかけて取り組んだ課題は一つも無い。せいぜい三日くらいである。
やっぱりただ単に音声に遅れてついていくだけでは力は付けられないということか…。
確かにこれなら間違いなく力がつくだろうな。


そして一番大事な要素 「1日30分取り組む」


継続は力なり!