元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

【万年筆】 グランセNCを手に入れた!


グランセ NC | 筆記具 | 万年筆 | 万年筆 | 製品情報 | PILOT


カクノを購入してからすっかり万年筆の虜になり、趣味の文具箱まで買う始末。
毎日カクノでカリカリしていると思うのだ、「高い本格万年筆ってどんな感じなんだろう」と。
恐るべし撒き餌万年筆、カクノ。


そんな中、先日ナガサワ文具店三宮店に行ったときに綺麗な色した万年筆だなぁーと見とれていたグランセNCの限定色「オンシジューム」。
どうやら2012年春に発売された限定色のようである。


価格は1万円。


2本目の万年筆は5000円から10000円くらいまでで、と考えていたため金額的には良い感じ。
ただディスプレイされていたものは中字しかなく、細字が欲しかったので購入には至らず。


そして趣味の文具箱に阪神百貨店梅田の万年筆売り場がリニューアルしたと書いてあったので阪神へ行くことに。


すると、数日前に三宮で見たあの黄色いグランセがあるではありませんか。
よく見るとセールの棚に陳列されている。
価格は、5000円。


…!?

一万円の万年筆が、五千円!!!!

三宮で買わんで良かった…!


ドキドキしながらお姉さんに聞いたら細字も在庫があるとのこと。
試してみますか?と言われたので遠慮なく書かせて頂きました。
(試書きする時に字が綺麗だと素敵だなぁと思いました…ペン習字習おうかな…)

「カ、カクノと全然違う…!」(心の声)※詳細は後述

水色のブルースターも置いてあって迷ったが、やっぱり一番最初に惹かれたオンシジュームを購入。
他にも何本か試させて頂きましたが、一番しっくりきたのがグランセNCだった。
もはや運命の出会いである。


f:id:emirakb:20150106211430j:plain


というわけで新しい相棒、グランセNCのオランジュームを毎日カリカリ使っている。
キャップに彫られた「GRANCE」の文字がカッコいい。
実は使い始めて2週間くらい経つのだ。


万年筆歴一ヵ月未満の私が感じるカクノとの違いは以下の通り。

  • しなやか。コシがある。
  • 文字に表情が出る
  • 高級感がある
  • 愛着が湧く


カクノも同じ細字(F)を使っているが、インクが出すぎて小さな文字を書くとつぶれることがある。
その分かなり軽い力でもインクがしっかり出るので薄くなったりかすれたりという事は無い。
逆に言うと力を入れても入れなくても線の太さがあまり変わらないので、ボールペンで書いた文字との違いは大差ないものとなってしまう。

それがグランセNCでは力を抜くと細く、入れると太くなるので色んな文字を書くことができるのだ。
ペン先もカクノに比べて、万年筆に対する言葉の選択はわからないが、「しなやか」という感想。
カクノだけでしか見たことが無かった万年筆の世界が明らかに開けた。
欠点は重さと、大事すぎて外に持ち運べないことか…。


もう毎日書くことが楽しくて楽しくて仕方無い。
勉強が捗るわ!