元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

【ノート】Editor’s Series 365Days Notebookを手に入れた!

少し前に「【ノート】 Editor’s Series 365Days Notebookが欲しすぎて」という記事を書いた。
あまり店頭で販売しているお店を見かけないので、欲しいと思ってはいたものの購入には至らず。
ネットで買ってもいいけど値段が値段なので実物を見てみたかったという理由から。


なんばCITYにあるSTYLE DEEで見かけたけど、こちらにはB5しか置いてなかった。
私が欲しいのはA5である。
結局見つけたお店はというと、ヨドバシカメラ。
家電しか見に行ってなかったので踏み入れたことの無い地下2階の文房具売り場があれほどの規模があるとは盲点だった…。


そんなこんなで無事手に入れたよ。


f:id:emirakb:20150202012501j:plain
Editor’s Series 365Days Notebook A5 - 1,670円


私がノートに一番求めるのはデザイン性、というよりもシンプルさ。
良いのはわかってるんだけどCDノートやノーブルノートを買わず、わざわざMDノートを買って使っているのはそんな理由である。
何なら一番好きなデザインは無印良品だったりする。
そいういう意味で、この365デイズノートは高級感漂う黒の表紙に金のロゴが押してあるだけというシンプルさが完璧。


f:id:emirakb:20150202012505j:plain


そして何よりも惚れたのがこの右上の日付記入欄。
今までありそうでなかった選択式が新鮮である。
写真はないけど、ノートの左端には24時間で数字が振ってあるのでタイムラインを書き込むことも可能。

この写真では日付の文字や方眼の線が薄くて見えづらいと思う。
が、実際こんな感じで見えるか見えないかくらいの薄い色をしている。

方眼を方眼として使いたい人にも無視して書きたい人にも丁度いい薄さだったりする。
日記にもスケジュール帳にも、人それぞれ使いたいように自由に使えるようにできているのだ。


f:id:emirakb:20150202012509j:plain


グランセNC、色彩雫の月夜を使って小さい文字でビッチリ書いている(※2枚目の写真参照)ページの裏側です。
紙が薄いので文字の影が見えますが抜けてはいません。
トモエリバーよりは紙も厚いため、比べると文字の写りも随分良い。
万年筆で書いても十分問題は無さそう。


難点は180度パタンと開かないこと。
こういうノートは久々に使うけどやっぱり使いにくい。
あとここだけ改善されたら個人的には100点満点なのに、惜しい。


さて、私の使い方ですがNHKのニュースで英会話を書き写す専用にする予定。
今ほぼ日手帳を勉強ノートに使っているのだけど、ニュースで英会話は一つの記事だけで丸々一ページを使ってしまうため分けようと思って。
ほぼ日と違ってそのページの日付が固定されていないから一日何ページでも勉強できるよ。
ヤッタネ!


ニトムズ STALOGY 365DaysNotebook A5

ニトムズ STALOGY 365DaysNotebook A5