読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

オンライン英会話体験記No.5 - Langrich

英語 英語-オンライン英会話

オンライン英会話の体験レッスン巡りを始めました。
詳しくはこちら↓


emirakb.hatenablog.jp


今回は有名なスクールの一つであるLangrich。


langrich.com

システム概要

体験レッスンは2回分。
1回25分を毎日受講するプランは、6000円と安め。
日常会話、ビジネス英会話、発音矯正にはテキストが有り、ニュース教材を使うコースもある。
もちろんフリートークもできるし、珍しく英語面接の教材まで揃えている。
授業開始時に講師へ使用したい教材を伝えるという制度。
予約画面は希望時間を選択→講師を選択という流れで今までで最も使い易い予約システムだと感じた。
予約は15分前まで、キャンセルは1時間前まで可能。

体験レッスンの内容

レベルチェックも何もないため、1回目から実際のレッスンを体験することができる。

2回の内、1回目はフリートークで2回目はビジネステキストを使用してのレッスンにした。

フリートークは自己紹介から始まり、英語の勉強方法や趣味について他愛もない話をした。
講師はとても話しやすく、話の繋げ方が上手いので25分があっという間のように感じるほどだった。

2回目はビジネス英会話用のテキストを使用。
レッスンの要点3つに沿って作られた会話文をロールプレイ。
内容についての質問に答えた後は、同じ内容の文章を穴埋めする。
しっかりとイメージしながら会話文を読んでいないと中々難しい。
スラスラと答えられるレベルにまで予習をしっかりとしておきたいところだ。
講師はテンション低めだが必要なことはしっかりと押さえてやってくれたので可もなく不可もなく。

総評

各講師のプロフィールページに動画があるのでなまりの強弱はここで確認できる。
発音矯正コースはあるが、講師は当たり前だけどフィリピン訛りである。
「カタカナ英語から抜け出したい」というのが目的ならいいが、「アメリカ、イギリス、オーストラリア等の発音を身に付けたい」というのであればやっぱり発音矯正は各国出身者にお願いすべきだと思う。

ここの良い所というと教材が使い易いところと予約システムだと感じた。
日常会話のテキストは初心者向けのものしかないのが残念だが、ビジネス英語の教材は中級者にとってかなり使えると思う。
またニュース教材については、スクールお勧めの勉強法なども公開されている。
そして一番良かったのが、予約システムである。
他のスクールの予約といえば各講師のスケジュールをひとつひとつ確認していく作業が必要となるが、ここでは希望する時間から空いている講師を瞬時に提示してくれる。
またこの講師一覧には評価も同時に表示される仕組みになっているため、当たり外れが予約時点でわかるという親切設計だ。

またこの点は賛否がわかれるところだと思うが、Langrichでは講師から授業後のフィードバックは送られてこない。
どこのスクールにもあるため、少し寂しい気もしたが利点はある。
他のスクールでは授業中に前の生徒のコメントを書いているであろう講師に何人かあたった。
もちろんその間はこちらの話は上の空でしか聞いていないため、非効率な授業となる。
だが、ここではコメントを書く作業が無いため講師が自分の授業に集中してくれる。
私はコメントはないほうが良いのではないかと、こちらの体験レッスンを通して思った。

これはもちろん欠点も持ち合わせている。
授業内容を開始時に伝えるスタイルであるため、その日どんなテキストを使って授業をしたかさえ個人で把握することが必要になる。
書く授業ごとにメモ欄が設けられているのでそこに自分で書き込む。
ちなみにこのコメント欄はダウンロードすることもできる。

教材も良いと思うし、講師の支持率が一目でわかるのも素晴らしいシステムだ。
だけどここでレッスンを受けるなら他のスクールよりも高い自己管理能力が必要だと思うのだ。

全体的に見て、受講を検討したいスクールの一つとなりました。