元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

行きたくてたまらなかった「文房具カフェ」で至福のひと時を

東京にしかない、ずっと前から行きたいと思っていた場所に遂に行くことができた。


www.bun-cafe.com


表参道駅から出て少し歩いた先にある「文房具カフェ」である。

セブンイレブンの隣にその入口がある。


f:id:emirakb:20150705220239j:plain


食べ物や飲み物があって、文房具が使えて買える、その名の通り文房具好きのためのカフェなのだ。


f:id:emirakb:20150705220437j:plain


長い階段を下りていくと、地上からは想像できないような広いお店があった。
文房具の品揃えとしては、定番のものも揃えつつお洒落でユニークなものが多い。


f:id:emirakb:20150705220948j:plain


店内はというと、静かで落ち着ける雰囲気。
平日の夜だったからかお客さんは少な目だったが、みんな黙々と書き物をしていた。
それもそのはず、ここでは大概の文房具が使い放題なのだ。


f:id:emirakb:20150705221117j:plain


これはほんの一部。
お店に売っているものと同じものを自由に使わせたら売上に響くんじゃないかと、最初は思っていた。
でも、良いと思ってしまったものは家でも使いたくなる不思議…。
ポスカが置いてあったので久しぶりに使ってみたらすごく良かったので帰りに購入してしまった。


それからもちろん、ここに来るなら絶対に手に入れたいアレ。


f:id:emirakb:20150705222137j:plain


念願の会員限定、秘密の鍵を手に入れた!
この鍵の効果はテーブルにある鍵のかかった引き出しを開けて会員限定文房具を使えるということ。
私が座っていたところの引き出しを開けたら、閉店間際ということもあってか、すっからかん(笑)
同じテーブルの引き出しを開けると、Wi-Fiのパスワードが書かれた紙が出てきたり、便箋やシールが出てきたり。
引き出しの中身は毎回変わるそうなので、これだけでも通う理由ができてしまう。


f:id:emirakb:20150705231358j:plain


文房具関連の書籍も沢山。
パラパラ読むだけでも一瞬にして時間が過ぎ去ってしまいそう。


この日はいつもより閉店時間が早いという事もあって一時間ほどしか滞在できず。
Traveler's Factoryに行って、買ってきたばかりのノートにここでデコレーション。
幸せすぎる素晴らしい一日だった…。


ちなみにこちらのお店はSNS投稿大歓迎と言うことで、最初は鍵の写真くらいしか撮って無かったのに
「いっぱい撮っていっぱいつぶやいちゃってください」と言われたのでお言葉に甘えて撮りました。


東京に行く際はまた同じルートで、ここで幸せなひと時を過ごしたい…。


f:id:emirakb:20150705231746j:plain