元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

例のペリカン スーベレーン ピンクを発見!…だがしかし

日本では店頭に並ばずに売り切れたという例のペリカンスーベレーンピンクをクアラルンプールで普通に発見してしまった。どんなものかご存知の無い方や記憶があいまいな方は下記の公式ページでご確認ください。


www.pelikan.com


マレーシアではナイキやニューバランス等がそれぞれお店を出しているように、万年筆を扱っているお店もモンブランやペリカン等の専門店が存在します。(もちろん日本みたいな形態のお店もありますが)
近所のThe Garden Mallにペリカンがあるんです。今日初めて中に入りました。


はわわわわ!!あの伝説のスーベレーンピンクがある!!!!
しかもFもMも両方ある!!!!!


値段を聞くとRM1,483(約42,000円)が今日まで10%オフで約37,000円になると言うではありませんか。万年筆は卒業するまで買わないという決意がグラグラです。ノックアウト寸前です。


ガラスケースから出してFとMの両方を見せてもらうことにしました。両者ともこれが最後ということです。
そしてペン先をよーく見ると…


めっちゃズレとる!!!!怒


うちの問題児だったプロギアスリムも肉眼でわかるほどペン先がずれていたのですが、そんなものは比ではありません。しかも両方とも同じ状態でした。


店員さんに「これほどずれてたら書けないと思うんですが、直す術はありますか」と尋ねると「ホントだ。これはヒドイね。でも直すところは無いよ」とサラリと言われてしまった。


メーカーちゃうんかい。
工場に送って見てもらえばええんちゃうんかい。


と言いたいことはいっぱいあったのですが、マレーシアなのでやめました。そういう国です。
買っても無いものにクレームをつけるのも良くないですしね。
ペンクリニックが無い国でペン先のずれた万年筆を買ってもどうしようもないので残念ですが諦めました。


肉眼でスーベレーンピンクを見れたことだけでも幸せということにしておきます。


Twin Towerの近くにPenGalleryという購買意欲が間違いなく掻き立てられるお店があるらしいが、ここにもまだピンクがあるようだ。
(財布的に)危険な香りしかしないのでまだ行っていないのだが…。