元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

全23色。MONTEVERDEのインクが結構可愛い。

f:id:emirakb:20170323232327j:plain

実は前回投稿したエルバン エメラルドチボーと共にもう一本インクを購入していました。
それがこのMONTEVERDE(モンテベルデ)です。
茶系を買おうと思ったのですがどうせならあまり日本で見かけないメーカーが良いなぁと手に取りました。
日本のモンテベルデ公式ウェブサイトには30mlのミニボトルのみ記載がされていますが、マレーシアでは90mlボトルも販売されています。
大量消費するわけではないのでミニボトルにしました。お値段RM35(約910円)。


タミヤのスペアボトルを彷彿とさせる正方形の寸胴な瓶はスタイリッシュとは言い難いところがありますがレトロな感じがして逆に可愛いですね。
色彩雫のミニボトルはちょうど半分の15mlしかありませんが、色彩雫の方は瓶がかなり厚いため実のところ外見の大きさにそれほど差はありません。
インクの種類は全23色ですが、そのほとんどが黒・茶・青系で占めておりどれも微妙な違いです。
特に茶系に関してはボトルラベルからでも判別しにくいくらい似ているので試筆させてもらえるならお願いした方が良いと思います。

悩み抜いて選んだCanyon Rust

f:id:emirakb:20170324010126j:plain
紙:トモエリバー(ほぼ日手帳カズン)


そんなこんなで試筆させてもらって5色もある茶系から選んだのがキャニオンラスト。
「キャニオンの赤錆」という名前の通り赤みがかった茶色です。
書いたばかりの乾いていないインクは赤い色ですが乾くと茶色に落ち着きます。
ですので試筆の際は乾くまでしっかりと観察してみてください。
色彩雫の松露もそうですが乾く前と後で色が変わるインクは楽しくて良いですよね。


本当は私が使っているセピアのスタンプパッドと同じ色を探していたのですがコレはちょっと赤過ぎました(´∀`)
万年筆を扱っているお店って高級感を出すためだと思いますが照明暗めですよね(笑)
他の茶色も欲しくなってしまいますが、これはこれで可愛い色なので満足です。
ほんの少しの違いで印象が変わってしまうインクの世界は相変わらず奥が深いです!