元技術系OLですけど、

万年筆やノートが好きです。マレーシアで留学生になりました。その模様はANOTHER BLOGにて。

話題のノート LEUCHTTURM 1917 を徹底解剖

f:id:emirakb:20170720161919j:plain

ビジネスパーソンにとって高級ノートと言えばモレスキンではないでしょうか?書店に行けば必ずと言っていいほど並んでいる人気ぶりです。高級感のあるハードカバーでいかにも仕事ができる人が持っていそうな感じですよね。そんなモレスキンユーザもしくは憧れを持っている方々も含め、皆さんに私から是非お勧めしたいのがLEUCHTTURM 1917(ロイヒトトゥルム)というドイツメーカーのノートです。モレスキンと同価格帯でありながら、なぜか世界中のBujoユーザはモレスキンではなくLEUCHTTURMを使用しています。後ほど詳しく説明しますがページ番号が振ってあったりしおりが2本ついていたりと非常にBujoフレンドリーな作りです。そんな中私が特筆したいことが圧倒的な紙質の良さでしょう。油性ボールペンを使用する方であれば気にならない事ですがモレスキンには万年筆厳禁です。一方、ロイヒトトゥルム1917には仕様欄に「Ink Proof Paper(インク耐性紙)」の記載があり 基本的には万年筆も問題なく使用できます 。

ドット、横罫、無地と3種類あり、サイズもミニサイズからA4+まで様々でカラーバリエーションも豊富です。Bujo用だけと言わず、お仕事で使うノートにもLEUCHTTURM1917を是非ともオススメしたいので手持ちの「ドットA5」を使って中身を紹介していききます。

LEUCHTTURM 1917 DOTTED A5 基本スペック

f:id:emirakb:20170720161342j:plain

  • 249ページ 番号付き(235ページ以降はミシン線付で切り離し可)
  • + 目次 3ページ
  • 背表紙裏にポケット
  • しおり2本、ゴムバンド付き
  • フラットオープン
  • ラベル 3枚 付属
  • サイズ:145×210㎜
  • インク耐性紙
  • 中性紙

中身について

持ち主情報記載ページ

f:id:emirakb:20170720161939j:plain
表紙をめくると名前と住所を書くページがあります。万が一落としても戻ってくるかもしれませんね。

目次

f:id:emirakb:20170720162011j:plain
各ページに番号が振ってあるため目次がLEUCHTTURM1917最大の特徴でもあります。ページ数の多いノートで起こりがちな問題というと何をどこに書いたか分からなくなってしまうことです。それを防ぐため目次にページ番号と内容を記載します。これでどこに何を書いたかが一目でわかるようになり、例えば120ページからは議事録専用で180ページからはアイデア帳といったような使い方もできます。

ドットページ

f:id:emirakb:20170720162032j:plain
ドット幅は5㎜です。縦38個・横26個。先述の通り各ページの下部に番号が振られています。厚みは80gsmと厚め、手触りはザラザラ系です。

ポケット

f:id:emirakb:20170720162053j:plain
紙のポケットではありますが側面は布で補強されているため複数回の開閉にも耐えうるように作られています。フラップはついていません。あまり多く物を入れるとノートが閉じれなくなってしまうので入れる物は付箋やステッカーに留めておきましょう。

外見について

表紙は皮の質感

f:id:emirakb:20170720163135j:plain
皮の質感の表紙で、背表紙・表面共に無地です。背面の下部に小さく「LEUCHTTURM1917」と打刻されているだけなので全く主張していません。

2本のしおり

f:id:emirakb:20170720162143j:plain
しおりは2本ついています。1本は無地ですがもう1本はボーダー柄になっていて容易に判別できるようになっているのが私のお気にいりです。

ラベルステッカー

f:id:emirakb:20170720162310j:plain
表紙用3枚、背表紙用3枚。

インクの裏抜けについて

万年筆ユーザにとって無視できないことが「インクの裏抜け問題」です。万年筆が使えるかどうかでノート選びをされる方は多いのではないでしょうか。私もその一人です。冒頭に「基本的には万年筆も問題なく使用できます」と書きました。この「基本的には」というのは、通常であれば気にしなくても問題ありませんがやはりインクによるところがあります。インクフローの良さで定評のあるパイロット色彩雫シリーズは粘度が低いため色を塗るなどインクを1点に集中させるような使い方をすると抜けます。

f:id:emirakb:20170720162212j:plain
パイロット色彩雫 松露 × プラチナ #3776 センチュリー 山中(F)
※文字の部分は抜けていませんが、矢印を塗ったところが抜けてしまいました。
※インク工房のインクは一番抜けやすいです。その次が色彩雫。他は大丈夫そうです。

あとはマイルドライナーですが、ハイライターの書き終わりってインク溜まりみたいになりませんか?そのインク溜まりが少しですが裏に染みていることがあります。柔らかい色なので神経質にならなければ気にするほどでもありませんが、留め部分はインクが溜まらないようにスッと紙から離すようにすると問題はありません。世界中の人がマイルドライナーで書いているのでそんなに気にしなくても良い点だとも思います。

サイズも色も豊富で可愛い

自分の好みにピッタリのノートが必ず見つかる。かゆいところに手が届くというのも良い所ですね。ペンホルダーはついていませんが別売りのステッカータイプがそれぞれの色に合わせてあります。これは細めらしくグランセは大丈夫ですが通常の万年筆は入らないそうなので気を付けてください。

ノートを使い始めて半年が経過しましたが全然ボロボロにならず強度はかなりのものです。保存用にもピッタリ。ノート好きでまだロイヒトトゥルムを使ったことのない方であればオススメですので一度使ってみてくださいね!

ロイヒトトゥルム ペンホルダー  オレンジ 342938

ロイヒトトゥルム ペンホルダー オレンジ 342938